Oisixのおせち 高砂はやっぱり美味しかった

お正月はとっくに終わりましたが、今年(2019)のOisixのおせちについて書きます。

Oisixのおせち 高砂 2019

12月30日冷凍で届きました。価格は14,500円(税抜)、ポイントや割引を使用して13,960円でした。
高砂はこれまで数回取っています。

箱を開けるとこのようになっていました。フリーズドライの七草がゆが一番上にのっていました。おかゆに加えるだけで手軽に七草がゆができます。七草はすべて国産です。以前高砂を取ったときは緑色の風呂敷に包まれていましたが、今回は違いました。赤い風呂敷がのぞいています。

 

この風呂敷、布ではないようですが、とても丈夫です。めったに破れないような作りです。

 

新年のご挨拶がかかれています。そして定番の福銭もあります。

銭洗弁財天宇賀福神社でお清めされた5円玉、大切に使うと御利益があるらしい。
今年はぜひたくさんの御利益がありますように。ご縁がありますように。

お品書きです。一つ一つの料理について説明されています。

原材料名とアレルゲンが表示されています。添加物が少ないです。

 

解凍前のおせちです。ラップされています。これは和風の一の重です。

 

洋風の二の重です。

解凍は冷蔵庫に入れてから約24時間で完了します。食べる1-2時間前に常温に置いておくと、よりおいしくいただけるそうです。

一の重

解凍された一の重です。色どりが美しい。海老の赤と数の子と伊達巻きの黄色が映えます。黒っぽい色のおせちは上のほうに固まっています。

 

上部の左側、黒豆から時計回りに紹介します。

  1. 金箔黒豆   まめに暮らせるようにとの願いが込められている。甘さはひかえめでおいしい。家族の好物ですぐになくなりました。やわらかくふっくらしていました。
  2. 栗きんとん  きんとんは「金の布団」「金の塊」ともいわれていて、豊かな1年を願う縁起のよい料理。これはほんとおいしかった。食べごたえのある大きな栗が入っている。きんとんはねっとりした甘さのものが多いがこれは別、あっさりした甘さなのでいくらでも食べられる。
  3. かつをくるみ  くるみを焼いてから醤油だれとかつお節をからめた料理、食べるとくるみの香ばしさが感じられる。くるみが好きだからおいしい。毎年はいっている(たぶん)料理です。
  4. 田作り     かたくちいわしの佃煮のよう。いつもおせちに入っているが、私としてはちょっと苦手、量はこの半分でよいのだけれど。
  5. 鰤西京焼    鰤(ぶり)という漢字が初め読めませんでした。この鰤はおいしかった。味噌味がとても美味しくて、ご飯にぴったり。酒のつまみとしてもいけます。
  6. 紅白なます   シャキシャキしていてほどほどの甘さ、箸休めによい。Oisixのおせちの甘さは私にはちょうどよい。もう少しというかたくさん食べたかった。
  7. 竹の子土佐煮  サクサクした歯触りで薄味のかつおだしがきいている。
  8. 紅白梅麩    きれいな色と形、縁起物ですね。
  9. 松笠いか白煮  また食べたいもののひとつ、なんとも言われぬ美味しさ。いかってこんなにおいしかったかな。生姜をきかせた出汁で煮ているらしい。松笠のような切り方も面白い。
  10. 伊達巻     甘さ控えめ、フワフワした食感、お菓子のよう。
  11. 有平かまぼこ  小田原の名産品、魚臭くなく食べやすい。こんなかまぼこなら毎年食べたい。
  12. 豚八幡巻    ごぼうを豚肉で巻いて焼いてから炊きあげた一品、渋い組み合わせで滋味というか、脇役だけれども存在感あり。
  13. 鰊昆布巻    にしんは数の子の親で、子宝に恵まれるといわれている。「よろこぶ」といわれている昆布で巻いて煮ている。薄味の甘辛さであきない味、鰊も生臭くない。昆布は厚みがあって歯ごたえ十分、また食べたい。
  14. 数の子美味漬  子孫繁栄の象徴の数の子、これまでたくさんの数の子を食べたが、これが一番美味しく感じた。数の子独特の臭みというのがなかったし、噛んでみるとプチプチしていて楽しくなった。塩気も適当で、のどが渇くような塩辛さではなかった。
  15. 浜汐海老    海老は背中が曲がっていて、ひげも長い姿から長寿を表している縁起もの。真っ赤な色も美しくお正月にふさわしい。塩ゆでされているが、口に入れた途端にしょっぱいと感じるような塩加減ではない。ほのかな塩気、殻をむいてバリバリ食べました。もっとほしい。

 

二の重

左上部のイクラから始めて、時計回りに紹介します。

  1. イクラとサーモンムース   サーモンにじゃがいもを加えたムースが面白い。きれいなピンク色です。今まで食べたことがない味で、何と表現したらよいのかわからない。お菓子みたい。
  2. 帆立貝柱とビーンズのマリネ  貝柱に人参、ビーンズを加えてマリネされた料理、ドライトマトの赤ワイン煮を添えてジェノバソースがかかっている。新作の料理らしい。もう少し味が濃くてもよかったような気がする。和風は薄味でも美味しいが、洋風だと濃いめの味のほうがおいしいかも。
  3. 黄金いもとピスタチオのスイートポテト  美味しかった。最初食べたときは、食材が何なのかわからなかった。さつまいものペーストにメープルシロップ、バターを入れて、その上に砕いたピスタチオをのせて焼き上げている。手が込んでます。さつまいもが全く別の味になっている。また食べたい。
  4. 茄子のカネロニ  常連のおせち、前に食べたときもおいしかった。おせちの購入者によるアンケートで毎年勝ち残ってきたカネロニ、安定の美味しさ。白ワインに野菜のみじん切りとタイリクスズキを漬け込み、ソテーする。そして茄子で巻いてトマトソースをかける、書いているだけで味を思い出す。ほんと美味!
  5. 真蛸とキャロットのマリネ  国産の真蛸をスライス、そこに人参とレーズンを加えてさっぱりしたドレッシングで和える、彩りとしてパプリカも入っている。濃厚な料理が多い中、このさっぱり感や酸っぱさは貴重、すがすがしい。蛸が好きなので、美味しくいただきました。シンプルな料理はやっぱり美味しい。
  6. チキンサラメ       味をつけた鶏肉にレーズンとくるみを入れて蒸したもの、仕上げに黒ごまとアーモンドがまぶしてある、ごまの味が強くて、ごまを食べているような気分になった。
  7. 鶏肉のイタリアンソース煮込み  鶏もも肉に味付けしてから下味をつけて焼き、それに特製トマトソースを入れて蒸し煮した料理、これもまた食べたい。トマトソースと仕上げのパルメザンチーズがよく合っていて、これぞイタリアンといったお味。
  8. ローストポーク(タレ付き)  上品な豚肉で、脂身もギトギトしていない。タレは数種類の香辛料入りでスパイシー、あっさりした豚肉とよく合う。おつまみですね。
  9. クリームリーズ   定番のおせち、常連です。チーズの中にオレンジピール、レモンピール、ドライクランベリーが混ぜられている。濃厚なクリームチーズの味が、オレンジやレモンの酸味によってやわらげられていて食べやすい。ワインによく合います。量があるので、2日間に分けて食べました。

高砂を食べてみて

数年ぶりに高砂を食べてみて感じたことは、やっぱり美味しいということ。ここ2年ほどはOisix以外のおせちを食べたのですが、Oisixのような美味しさは感じられませんでした。また他社のおせちには添加物がけっこう使用されているものが多く、それも気になりました。お正月には美味しいおせちを、しかもなるべく安全なおせちが食べたいとなると、やっぱりOisixかな、というわけで今回高砂を予約しました。

高砂の美味しさは以前食べたときと変わりませんでした。クリームチーズや茄子のカネロニなど、常連のおせちの味は安定した味で変わっていない、むしろもっと美味しくなったような気がします。おせちの味に関しては満足しています。

ただ複数回高砂を食べていると、確かに美味しいのですがあきてきます。それに高砂の価格は私の希望価格よりは少し高い。ほんとは1万円くらいのおせちがほしいのです。今回も1万円くらいのおせちを探しましたが、好みではなかったので予約しませんでした。

なんだかんだ言っていますが、Oisixのおせちは食べてよかったといえる味です。また食べたい味です。来年はどんなおせちが出てくるのでしょう。期待しています。